2018/11/10 フィールドテスター 釣行レポート : 遠州灘サーフ / ヒラメ、マゴチ / コーシャ

アクアライズ フィールド テスター : コーシャ

 

こんにちは、フィールドテスターのコーシャです。

サーフ釣行しましたのでレポートします。

 

今朝は、先日にコチを釣ったポイントが気になり入りました。
西風をまともに受けているので、朝方のみの予定でスタート。

 

ルアーは、風を考慮してシュールスライドサーフ33g KISSカラーをチョイス。

 

ベイトの気配が無いなか、キャストを繰り返しているとヒット!!

 

 

20181110_コーシャ_ヒラメ

 

 

可愛いヒラメでした。

 

その後は、西風も強くなってきたので、8時に一旦終了。
昼間のうちに所用を済ませて、夕マズメに再びサーフインします。


今度は、西風を回避出来る場所で、16時頃からスタート。

 

ルアーは、シュールスライドソルト23g 上州屋オリジナルカラー(グロー)をチョイス。


30分程したところで、同じワンドに入ってたルアーマン2名がヒラメを1枚ずつキャッチ。

期待が高まりますね。


その後、キャストを繰り返していると待望のヒット!!

 

 

20181110_コーシャ_マゴチ

 

 

マゴチでした。


間もなく日も暮れたので、早々に終了しました。

 

少しづつですが、海も良い状況になってきたと思います。
次回も、さらなる釣果をめざします。

 

 

●使用タックル

ロッド:ヤマガ バリスティック96

リール:ステラ4000XG

ライン:PE1.0号

リーダー:20lb

 

 

Surre Slide SALT 75 23g 上州屋オリジナルカラー(グロー)

 

Surre Slide Surf 105 33g KISS

Surre Slide Surf 105 33g KISS

 

 

 

 


2018/11/04 フィールドテスター 釣行レポート : 遠州灘サーフ / マゴチ / コーシャ

アクアライズ フィールド テスター : コーシャ

 

こんにちは、フィールドテスターのコーシャです。

サーフ釣行しましたのでレポートします。

 

今日は、いつもと違うポイントに、久々(1年ぶりかな?)に入りました。

天候は、曇りで、時々雨が降ります。

 

今回も、暗いうちにサーフイン。

北東の風 で、海は少し波けがあります。

 

ポイントの様子から、シュールスライドサーフ33gを選択。

まずは、FRHカラーで様子をみます。

 

4時50分くらいからキャスト開始。
リトリーブ(ただ巻き)すると、ルアーが東から西に流れて、ちょっときつい感じです。

 

状況から、まずはシーバス狙いに絞り、表層を引いてみる事にします。

そのまま、ミディアムリトリーブで3投程繰り返しますが、反応がありません。


次にフラット系にターゲットを変えて、底をとる様にドリフトしながらのスローなリフト&フォール。


すると、立ち位置より6~7m流れた波打ち際で根掛かった様な重み。
とりあえず、軽くラインテンションをかけたまま少し待ってみる事に。


引き波が来た時に、生命感のある引きが感じられ、同時に重みでフッキングした感じになりました。

なので、無理にあわせは入れず、次の寄せ波でランディング。

 

 

20181104_コーシャ_マゴチ

 

 

マゴチです。

50センチオーバーくらいです。

 

その後は、コノシロが単発でヒットしましたが、何もおこらず7時30分に終了しました。

 

 

20181104_コーシャ_コノシロ

 

 

今回の大潮周りで、今週から魚が動くと予想して期待しますが、最近の天気は安定しないですね。
次回も、さらなる釣果をめざします。

 

 

●使用タックル

ロッド:UFM シューティングシャフトボロン STB-962FX-Ti 96

リール:ステラSW4000XG

ライン:PE1.2号

リーダー:25lb

 

 

Surre Slide Surf 105 33g FRH

Surre Slide Surf 105 33g FRH

 

 

 

 


2018/11/2 フィールドテスター 釣行レポート : 遠州灘サーフ / ヒラメ / hisa

アクアライズ フィールド テスター : hisa

 

こんにちは、遠州レディーアングラーハート

テスターのhisaです。

本日は、朝の4:30頃からサーフインしました。

 

実は、昨日も同じポイントを釣行しましたが、流れも西に強く釣りにならず、早々に終了。

 

今朝は海の状況もかわり、穏やかになりました😊

 

ポイントに到着後、シュールスライドソルト23g FRHを選択。

キャストを繰り返します。

 

しかし、ベイトも見られず、何の反応もなく時間だけが過ぎていきます。


日が昇り、周りの釣り人も増えてきました。

昨日よりも増えましたね。

 

西方面にランガンしながら、丁寧にポイントを探ります。

 

7時頃になったころ、少しずつ海に生命感を感じ始めました。

キャストすると次の瞬間、ドスンと大きな当たり🎣

 

どっしりした重みを感じながら、巻いていきます。

 

なんとか波打ち際まで寄せましたが、次の瞬間にラインブレイク。

引きからみて、恐らく掛けたのはエイだと思われます。

 

気を取り直し、ラインの結束を行い、シュールスライドソルト23g AQMをつけ、

再びキャスティングを繰り返します。

 

しばらくすると、遠い沖合いで水柱が立っていました。

 

これを見て、 気持ちはup(!)

水柱を見ながら、ゆっくりとストップ&ゴーを数回繰り返すと当たりが❗

 

 

 

 

少し小ぶりですが、ヒラメでしたニコッ

釣れたのは、8時前くらいですね。


リリースして、ランガンを続けましたが、反応は無く8時半過ぎに終了しました。


回りは、あまり釣れている感じはなく渋い状況でした。
もう少しベイトが寄ってくれると釣果も⤴️⤴️すると思います。 

 

 

●使用タックル

ロッド:ゼスタ ランウェイ 
リール:モアザン3012H
ライン:PE 1.2号
リーダー:22lb

 



Surre Slide SALT 75 23g AQM

シュールスライドソルト75_23g_AQM

 

 

 

 


2018/10/27 フィールドテスター 釣行レポート : 遠州灘サーフ / ヒラメ / コーシャ

アクアライズ フィールド テスター : コーシャ

 

こんにちは、フィールドテスターのコーシャです。

サーフ釣行しましたのでレポートします。

 

前日の夕方、近辺のサーフをチェックした所、東からの波で流れが西にきつかった為、
少し離れたサーフポイントに行く事も検討することにしました。

 

当日の朝、天候は曇り、時々、雨が降ります。

 

前日と状況が変わっているか、近辺のサーフをとりあえずチェック。
やはり海はクローズ状態。

 

前日考えたポイントなら、まず波風は無いだろうと思い、車を走らせ、8時少し前にポイントに到着。

フィールドのコンディションも良かったので、直ぐに支度をしてサーフインしました。


近辺の一級ポイントは数名のルアーマンがいましたが、ここはエサ釣りの方が1名のみ。

ほぼ、貸し切りです。

 

ルアーは、濁りが無かったので、
シルバー系のシュールスライドソルト23g プロトカラーを選択。

 

車の正面から横に歩きながら打っていく事にし、まずは1投目をキャスト。


数年ぶりに訪れる場所なので、まずはルアーを着低させます。

カウントは5ぐらい。


リトリーブは、レギュラースピードで、ストップアンドゴーを繰り返します。

大体、10m程巻いた所でストップ&フォールで、底をとってからまたリトリーブの感じです。


リトリーブ中、5mぐらい巻いたところでヒット。

 

20181020_コーシャ_タチウオ

 

 

よく首を振ったのでコチかと思いきや、ヒラメでした。
その後は、暫く投げ続けましたが、あたりもなく終了しました。

 

台風の影響で、また海が少し荒れ始めていますが

また、様子を見ながらサーフ釣行を楽しみたいと思います。

 

 

●使用タックル

ロッド:UFM シューティングシャフトボロン STB-962FX-Ti 96

リール:ステラSW4000XG

ライン:PE1.2号

リーダー:25lb

 

 

Surre Slide SALT 23g プロトカラー(シルバー系)

 

 

 

 


2018/10/22 フィールドテスター 釣行レポート : 遠州灘サーフ / タチウオ(太刀魚) / とのりん

アクアライズ フィールド テスター : とのりん

 

こんにちは、フィールドテスターとのりんです。

比較的毎日良い状態が続いている、遠州灘サーフに出撃してきました。

 

行ったのは、タチウオの実績のあるポイント。

暗いうちにタチウオを狙い、明るくなったらフラットフィッシュに切り替える作戦です。

 

そして、今回使用するルアーはシュールスライドサーフ

 

僕は秋が深まる頃から、シュールスライドサーフを主流の釣りに切り替えます。

メタル系ルアーの中でも、比較的サイズの大きなシュールスライドサーフ


その大きさから少し使うのを躊躇する人も居るかもしれませんが、大きいといっても105mmです。

3本フックのミノーは、120mm前後くらいが多いと思いますが、それと比較すればふた回りほど小型です。


丁度、この時期のベイトの大きさに近いのではないでしょうか。

 

あと、シュールスライドサーフ表面積が大きい分、フラッシング等のアピール力は、シュールスライドソルトや、他のメタルジグよりも高いといえます。

 

そのアピール力により、ターゲットとなる魚を誘い寄せバイトさせる可能性をより高めてくれます

 

そして、シュールスライドサーフは28gと33gがありますが、シャローポイントが多い遠州灘では、僕は普段は28gを多用します。


理由としては、28gモデルの場合、33gと比べると重量が軽い分、よりスローに引けるので見せて喰わせる釣り方には最適だと思います。

 

33gは、もう一距離稼ぎたい時、海が少し荒れ気味の時、比較的水深がある時に使用しています。

 

そんなこんなで、当日の朝は水深があると思われたのでシュールスライドサーフ33g PCYPからスタート。

 

しかし意外に浅く、手前でボトムノックするので、直ぐにシュールスライドサーフ28gにチェンジ。


使うカラーは、PCY

僕のローライト時の定番カラーです。

 

水がクリアな時はPCY、多少濁りがあるときはPCYPから始めることが多いですね。

キャストして程なくHIT!!


しかし、程なくバラシ。

ヒラメっぽい引きだったのに残念。


気を取り直してキャスト再開。

やがて明るくなり出した頃に再びHIT!!


あたりが良いが、段々弱くなる引きの魚はアレですね。
 

 

 

 

指3本程のタチウオでした。

 

タチウオは群れで来るので連発するか?
と思いましたが、そんなこともなくこれ一匹で終了でした。

 

今回は残念でしたけど、これから青物の回るシーズンになれば、シュールスライドサーフはかなり有効なルアーとなります。

 

晩秋の青物シーズンに向けて、さらに調子を上げていきたいです。

 

 

 

 

Surre Slide Surf 105 28g PCY

Surre Slide Surf 105 28g PCY

 

 

 

 


2018/10/20 フィールドテスター 釣行レポート : 遠州灘サーフ / タチウオ(太刀魚) / コーシャ

アクアライズ フィールド テスター : コーシャ

 

こんにちは、フィールドテスターのコーシャです。

サーフ釣行しましたのでレポートします。

 

天候は晴れ。

今回も、暗いうちにサーフインしました。


前回と同様に、重めのシュールスライドサーフ33gのBZGL(グローカラー)を蓄光させたのちキャスト開始。

中層を緩やかにリフトアンドフォールさせます。

 

開始から30分ほどで、あたりがあり、間もなくヒット!!

 

 

20181020_コーシャ_タチウオ

 

タチウオです。


その後も、キャストを繰り返しましたが、地合いは短く、後は続きませんでした。

 

サーフも少しずつですが、釣果が上がってきています。

是非、皆さんもサーフでの釣行を楽しんでください。

 

 

●使用タックル

ロッド:リップルフィッシャー アヴァリス103M

リール:ステラ4000MHG

ライン:PE1.0号

リーダー:20lb

 

 

Surre Slide Surf 105 33g BZGL

Surre Slide Surf 105 33g BZGL

 

 

 

 


2018/10/14 フィールドテスター 釣行レポート : 遠州灘サーフ / タチウオ(太刀魚) / コーシャ

アクアライズ フィールド テスター : コーシャ

 

こんにちは、フィールドテスターのコーシャです。

 

台風25号も過ぎ去り、遠州灘も大分落ち着いてきました。

今回は、今朝の釣行をもとにタチウオ釣りについてレポートします。

 

タチウオ釣りは、グローの効果がある事をご存じな方は多いはず。

 

また、オフショアのジギングでもさまざまなアクションで、いち早くヒットパターンを見つけだす事も釣果をのばすコツではないでしょうか。

 

今朝の天候は雨、まだ暗いうちにサーフインしました。
海は少し波気があり、東から西に流れています。

 

フィールドの状況から、重めのシュールスライドサーフ33gのBZGL(グローカラー)をチョイス。
ヘッドライトで蓄光させてキャスト開始。

 

中層を緩やかにリフトフォールさせながらキャストを繰り返します。

 

しばらくすると、ヒット!!

 

20181014_コーシャ_タチウオ01

 

タチウオです。


その後も、キャストを繰り返すと続けてヒット!!

 

20181014_コーシャ_タチウオ02


サイズアップのタチウオでした。

結局、暗い状態の中で回遊は30分程あり、結果、4バイト2キャッチする事が出来ました。


今回は、4バイトの全てがフォール中でした。

 

周囲のルアーマンの方々も、ジグでリフトフォールを繰り返していましたが、ヒットには至らなかった様子でした。

恐らくは、ジグよりもスプーンはゆっくりヒラヒラとフォールした事によりヒットに導いたと考えられます。
また、グローの効果もプラス要素であったのではないでしょうか。

 

今後も、タチウオの回遊があった時に検証して行きたいと思います。
 

 

●使用タックル

ロッド:リップルフィッシャー アヴァリス103M

リール:ステラ4000MHG

ライン:PE1.0号

リーダー:20lb

 

 

Surre Slide Surf 105 33g BZGL

Surre Slide Surf 105 33g BZGL

 

 

 

 


2018/9/28 フィールドテスター 釣行レポート : 浜名湖 / セイゴ / コーシャ

アクアライズ フィールド テスター : コーシャ

 

こんにちは、フィールドテスターのコーシャです。

 

今年の遠州サーフは、荒れた日が続きますね。
私の記憶では、こんな年は初めてではないでしょうか?

 

そんな訳で、久しぶりに夜の浜名湖で、セイゴをターゲットにしたライトゲームを楽しんでみました。

 

私が湖内で狙うタイミングは、場所にもよりますが基本下げ始めからです。

よって、今日も下げ始めからのスタート。

 

フィールドのコンディションは無風。
ベイトの確認が出来なかったので、セオリー通り明暗のある場所を選択。
つまり街路灯のある橋周りを攻めます。

 

水深と流速を考慮し、シュールスライド60 8gを選択。
カラーは、水質が笹濁りだったので視認性を考えてGLDを選択。

 

すぐ場荒れしそうな小場所なので、1投目からタイトに核心部の橋下の影に撃ち込みます。
確実に狙ったポイントを通したいので、ダウンストリームで、着水後にすぐに表層をスローリトリーブ

 

すると、明かりに差し掛かり始めた時にヒット!

 

 

かわいいセイゴです。

 

リアクションバイトですね。
小さいながら、釣った感がありました!

 

実は、ナイトもスプーンはかなり有効なんです!
この件については、今後のレポートで検証を含め詳しく紹介していきたいと思います。

 

本日に訪れたポイントを含め、晩秋の頃になると浜名湖でも良型のシーバスが釣れます。
また、近々釣行してみたいと思います。

 

 

●使用タックル

ロッド:UEDA PRO4 ソルトウォーターシリーズ7.7

リール:セルテート2508RH

ライン:PE 0.8

リーダー:12LB

 

 

Surre Slide 60 8g GLD

Surre Slide 60 8g GLD

 

 

 

 


2018/9/25 フィールドテスター 釣行レポート : 遠州灘サーフ / ヒラメ / とのりん

アクアライズ フィールド テスター : とのりん

 

こんにちは、フィールドテスターとのりんです。

中々海の状況が回復しない中、再びサーフアタックに行ってきました。

 

前回の釣行から2日経ち、再び台風の影響が出始めた当日。

ウネリが出始め、コンディションは更に悪くなっています。

 

まずはポイント選択。

波が高めなので、水深がないポイントだと波の影響が沖まで受ける。

 

なので、水深があるポイントを選択。

それは、波はブレイク(かけあがり)から立ち上がるので、水深がないと岸からかなり離れた所から波が立ち、逆に水深があると岸から直ぐに波が立ち上がるからです。

 

つまり、水深があるとそれほど遠くに投げなくても、波の影響を受けずに釣りが出来るということです。

それでも無理はできません。安全マージンを取って釣りをします。

 

海水の状況は、ウネリの影響で白濁りが出ています。

こういう状況では、最初に使うカラーに迷いますね。

 

取り敢えず、セオリー通り発色の良いカラーをチョイス。

赤みが強いアカキンがオススメなのですが、シュールスライドソルトアワビ仕様プロトを試してみます。

 

深いポイントでの攻め方はリフト&フォールが基本。

 

ただ、今回の様に多少濁りが出ていると、魚もルアーを確認しにくいのでアクションはスローで行います。

それを意識して引っ張ってくると、僅か2投目でHIT!

 

型は小型ですが、本命のヒラメゲットです。

 

 

30cm位でしょうか?

 

 

結構飲まれています。(汗)

 

直ぐに釣れたので、意外に今日はアリ?

と思いきや次が出ません。

 

更に遠くを意識して、キャストしていると着水後直ぐにHIT!

 

型は小さいようで直ぐ寄ってきたのですが、丁度セットの大波(たまに連続で来る大波)が3連発。

沖でやり過ごし、再びライディングしようとしていたら何時の間にかフックオフしていました。(涙)

 

テンションを保っていたつもりでしたが、抜けていたようです。

 

結局これ以上の追加は無く終了〜。

それでもなんとか釣果を出せて良かったです。

 

台風が連発しているので次の釣行が何時になるやら?

早めに回復する事を願います。

 

 

●使用タックル

ロッド:SIMANO DIALUNA XR B906ML

リール:SIMANO 12EXSENCE DC

ライン:PE1.5

 

 

Surre Slide SALT 75 23g プロトカラー

 

 

 

 


2018/9/23 フィールドテスター 釣行レポート : 遠州灘サーフ / ヒラメ / とのりん

アクアライズ フィールド テスター : とのりん

 

こんにちは、フィールドテスターとのりんです。

本日、約2ヶ月ぶりにサーフ釣行に行ってきました。

 

こんなに空いたのは、地元静岡の海の状態が悪かった為。

台風やら大雨やらで、とても釣りができる状態ではありませんでした。

 

そういう訳で、最近の情報は当然少ないです。

取り敢えず無難に、一番近いポイントに行ってみました。

 

5時ちょっと前にポイント着。

浜に出ると満員御礼♪

 

何とか一人入れる場所を見つけてキャスト開始。

海はすっかり落ち着いていますが、白濁りが残っている。

 

始めは、シュールスライドソルトPCYPで攻めていましたが、更にはっきりした色彩のGBPRにチェンジ。

水深は多少あるので、アクションとしては縦方向に付けます。

 

具体的にはリフト&フォールで、マヅメ時の高活性の魚にアピール。

隣が近いので、可能な限りで扇形にキャストを繰り返します。

 

やがて隣の人が、小さいながらもタチウオを釣り上げました。

 

タチウオは群れで回るので、僕にもチャンスがあるか?

と期待しましたがサッパリ。

 

周りも全然釣れていません。

これは魚が居ないのか?

 

と思いましたが、多少ベイトが見え隠れてしています。

魚がいても、喰ってこない可能性がありますね。

 

やがて、すっかり明るくなると余りの渋さに帰る人が出てきます。

なのでようやく移動開始。

 

深い場所は厳しいか?

活性の高い魚が居ると思われる、シャローのポイントに向かいます。

 

すると、離岸流の横でキャストしていた人が移動した。

すかさず入ります。

 

ポイントの状況は、左側に沖に向かう離岸流。

正面にキャストしても、徐々に左に流されます。

 

水深はあっても1.5m位か?

 

魚が居るとしたら離岸の際。

そこを、シュールスライドソルトで攻めます。

 

先程のポイントと違って、水深がないので横の動きで誘うことにします。

 

具体的には、流れに乗せてのドリフト

河川でトラウトを狙う時に使う転がしですね。

 

この河川でトラウトを狙う転がし(ドリフト)は、よく使われる釣り方。

 

流れに直角、もしくはやや下流にルアーをキャストした後、沈ませて後はほとんど巻かず流れを横切らせる釣り方です。

ルアー動きは、回転しながらゆっくり弧を描きます。

 

ほんとにコレで釣れるの?

と言う釣り方ですが、コレが超効果的!

 

なんと言っても、低活性の魚に効きます

しかも、ルアーを派手に流さないので、魚に警戒心を持たせなくスレ難い。

 

この釣り方を、離岸流を利用して行います。

いくら流れているとは言え、河川ほどではないのでキャストして巻かないと着底してしまいます。

 

なので、底付きしない程度にゆっくり巻きます。

アクションはほぼ付けず、着底しそうになったら軽くあおる程度ですね。

 

すると、ルアーは流れに乗ってゆっくり弧を描きながら手前まで来ます。

恐らく水中では、回転しながらゆっくり漂う程度だと思います。

 

無理に派手なアクションを入れると、低活性の魚に警戒心を抱かせるでしょう。

カラーも、ナチュラル系でAQMを選択しました。

 

このゆっくりした誘いを、同じレンジで手前から遠くまで行い誘っていたら・・・・。

7時位に、ガツンとHIT!

 

完全にフラットの引き。

攻められまくった離岸流から、狙い通り低活性の魚を引きずり出しました。

 

 

ヒラメでした。

 

 

シュールスライドソルト AQMでヒット。

 

周りで全然釣れていない中での会心のHIT!!

やはり、低活性ながら魚は居ました。

 

それを釣り上げる、シュールスライドの力は強力です。

 

その後も、多少粘りましたが追加の見込みも薄い。

見極めて終了です。

 

 

僕は趣味でベイトタックルですが、遠投の効くスピニングの方が使いやすいかも。

 

ミノーや、メタルジグ、ワームも魅力的ですが、スプーンはそれらのルアーとは一味違った効果が十分あります

スプーンを使ったサーフでの釣り方が、まだまだ浸透していない現在、フィールドの状況によっては最適の釣り方にもなります。

 

更に、より効果的な釣り方を模索していきたいと思います。

 

 

●使用タックル

ロッド:SIMANO DIALUNA XR B906ML

リール:SIMANO 12EXSENCE DC

ライン:PE1.5

 

 

Surre Slide SALT 75 23g AQM

Surre Slide SALT 75_23g_AQM

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

全国天気予報

最新の記事

categories

archives

links

profile

書いた記事数:325
最後に更新した日:2019/09/27

search this site.

others

mobile

qrcode