2019/9/23 フィールドテスター 釣行レポート : 豊橋港 / セイゴ / コーシャ

アクアライズ フィールド テスター : コーシャ

 

こんにちは、フィールドテスターのコーシャです。

 

前日に会社の同僚のYさんから、豊橋港でシーバスが好釣と情報が入りました。

サーフは、暫くクローズと思われるので、かなり久々ですが行ってみる事にしました。


AM6:30現地着、すでにYさんは釣りを開始していました。

状況を聞いた所、昨日程ではないがポツポツと小型のセイゴが釣れるとの事。


実は、今日のポイントは20年程前に数回訪れた事がありました。

懐かしい気持ちとともに、当時の事を思い出しながら1投目をキャスト。


ルアーはシュールスライド60の8g、濁りがある事からゴールドをチョイス。

 

まずは、表層をリトリーブ

小型のセイゴがルアーの後を追って来るのが確認取れました。


2投目、今度も表層を軽くトゥイッチングを入れながら、糸フケを取るだけのリトリーブスピードで巻いていきます

すると、直ぐに小型のセイゴがバイト!!


取り敢えずヒットパターンはわかったので、この方法で続けて釣りをする事に。
飽きない程度にセイゴは連続ヒットしましたが、段々とチェイスがなくなってきます。


魚が沈んだ可能性があるかな・・・

レンジを変えるため、今度はシュールスライド60の13gゴールドにチェンジ。

一気にボトムまで落とします。


水深は5m位。

着底させてから、先程と同じくトゥイッチングをして糸フケだけを取りリトリーブ

 

数投後に、ボトム付近を引ったくるアタリとともにバイト!

 

 

20190923_コーシャ_セイゴ

 

 

サイズUPしたセイゴをキャッチ。


同僚のYさんも、同様のアクションを加えながらのリトリーブで40〜50cmオーバーのセイゴを連発しています。

このパターンで暫しヒットしていましたが、1時間程した所でアタリは遠のいてきたので終了としました。

 

今回の釣行で行ったシュールスライドでの糸フケを作るトゥイッチングですが、硬いロッドではルアーを弾いてしまいフックがラインに絡んでしまう為、柔らかいロッドがお勧めです。


Yさん貴重な情報を有り難うございました。

また、ご一緒しましょう。

  

 

  

  

  

●使用タックル

ロッド:アブカルシア(ソルティスタイルカラーズ)805MT

リール:セルテート2508RH

ライン:PE0.8号

リーダー:12lb

 

 

Surre Slide 60 8g GLD

 

Surre Slide 60 8g GLDP

 

Surre Slide 60 13g GLD

 

Surre Slide 60 13g GLD

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

全国天気予報

最新の記事

categories

archives

links

profile

書いた記事数:325
最後に更新した日:2019/09/27

search this site.

others

mobile

qrcode