2019/4/30 フィールドテスター 釣行レポート : 天竜川水系渓流 / ブラウントラウト、イワナ、レインボウ / とのりん

アクアライズ フィールド テスター : とのりん

 

こんにちは、フィールドテスターとのりんです。

待望の雨が降りました。

 

これは行くしかない!

という訳で、ホームの渓流に突撃してきました。

 

ただ、かなり降ったので増水量が気になるところ。

 

最悪、泥濁りで釣りにならないかも?

と心配しましたが、現地に着いたらようやく平水になったくらいの水量。

 

今までが、少なすぎたようです。

それでも、魚は高活性になったはず?

 

減水時に、岩の下に隠れていた魚が、餌を獲りに出ていることを期待して入渓です。

 

 

 

 

増水してもこの程度です。

 

今回のタックルは、スピンキャストタックル。

ノーマルでは使いにくいリールですが、ベアリング追加、ダブルピン化、ハンドル変更を行い、ストレス無く使えるレベルまで仕上げてある、スペシャルカスタマイズリールです。

 

キャスト方法は、左手でラインを摘んでキャスト時に離すダブルハンド方式。

左手でサミングを行えるので、精度が高いキャストも可能です。

 

最初のポイントでいきなりHIT!

 

 

 

 

小ぶりながら、ブラウントラウトです。

プロト2.8gでヒットです。

 

今回も、用意したプロトでの釣り。

アップでも投げることを考慮して、前回のダウン用よりスリムなボディーになっています。

 

降雨の影響でやはり高活性。

しかし、こういう時はやはりバラシも多い。

 

それでも、バイト数も多いので連続HITです。

 

 

 

 

尺超えのブラウンもHIT。

 

 

 

 

このサイズのブラウンは、活性が良く結構釣れました。

 

増水時の魚は、渕尻のカケアガリに着いていることが多く、淵頭を狙うために不用意に近づくと魚に気が付かれてしまいます。

ロングキャストで渕尻を攻めてから、更に奥を狙うという2段戦法で釣り上がります。

 

 

 

 

シュールスライドエリア1.8gアカキンで、ホウライマスがHIT!

 

シュールスライドエリア1.8gにも、魚が多く反応します。

シルエットが小さいので、魚が中々スレなく色んなコースを通すことが可能で、そこに魚が付いていれば高確率で反応します。

 

 

 

 

こちらも、シュールスライドエリア1.8gアカキンでヒット!!

イワナも居る川なので、希にレアなイワナ×アマゴのハイブリッドも釣れます。

けど、大きいのはまだ釣ったことはないなぁ。

 

 

 

 

またまた、シュールスライドエリア1.8gアカキンでヒット!!

もちろん、普通のアマゴも多く釣れました。

 

他の魚と比較して、アマゴは気難しい魚。

一度追うと、二度とルアーを追ってこないので一発勝負。

 

手前から順番に攻めるより、一回目にベストポイントにルアーを通さなけらばいけません。

一回目で釣れなければ、それ以降のキャストで釣れる魚は殆どアマゴ以外の魚です。

 

やがて、流れが細くなると見える魚も多くなります。

ちょっとした淵の尻に、大きめのレインボウを発見。

 

何度も、ルアーを通すも無反応。

仕方ないので、一気にロングキャストで淵頭の流れ込みに落とすとドカンとHIT!

 

更に大きなレインボウが着いていました。

なんとか堪えて、無事ライディング。

川が大きければ、簡単にいかないサイズです。

 

 

 

 

ネットに収まらないので、50センチ位はあったと思います。

(プロト2.8gでHIT)

 

しかし、不思議な川です。

このサイズの魚を、維持できる餌の量があるのが驚きですね。

 

さらに遡上を続けると、大岩の影から猛然とルアーを追う大きなシルエットが!

手前の浅瀬に遮られ、追いきれませんでしたが針に触れていないのでまだチャンスがある。

 

魚が出たポイントの更に奥にキャストして、十分にアピールさせて可能な限りスローに引くと、再び魚が飛び出しガツンとHIT!

岩の下に逃げられないように、注意しながら浅瀬に誘導して無事確保です。

 

 

 

 

45cmはありそうな、大岩魚でした。

(同じくプロト2.8gでヒット)

 

明らかに、釣ったイワナでは最大!

餌釣りタックルでは、無理なサイズです。

 

サイズ的には、先ほどのレインボウに負けますが、インパクトでは充分勝っています。

これを釣った所で、退渓ポイント。

 

釣れた魚は数知れず。

十分に楽しんだ釣りでした。

 

 

 

 

好条件なのに、僕しか居ないパラダイスでした。

 

今回も釣った魚は、全てリリース。

こういった小渓流では、逃がした魚が再び釣れる事もしばしば。

 

持って帰るのが悪いとは微塵も思わないし、別の川で餌釣りをする時は僕も持って帰ることもあります。

 

でも、この川では次も楽しめるようにリリースしています。

何といっても、色んなトラウトが釣れる貴重なフィールドですから。

 

 

●使用タックル

ロッド:メジャークラフト トラウティーノベイトモデル 4.5f
リール:ダイワ スピンキャスト80とのりんカスタム
ライン:ナイロン6lb

.

 

 

Surre Slide AREA 23 1.8g アカキン

シュールスライドエリア23_アカキン title=

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

全国天気予報

最新の記事

categories

archives

links

profile

書いた記事数:325
最後に更新した日:2019/09/27

search this site.

others

mobile

qrcode