2019/4/14 フィールドテスター 釣行レポート : 天竜川水系渓流 / ブラウントラウト / とのりん

アクアライズ フィールド テスター : とのりん

 

こんにちは、フィールドテスターとのりんです。

ようやく水温も上がり始めた4月中旬、ホームリバーへとルアーアタックに行ってきました。

 

川は渇水気味で、平水の7割程度かな?

活性が低いのが予感できます。

 

こんな時は、シルエットの小さなシュールスライドエリアで、出来るだけナチュラルに流す釣りが有効

流れより、若干早いスピードで中層のポイントをタイトに通します。

 

しかし、キャストを繰り返してもアタリは無し。

チェイスすら無し。

 

どうしたものかと思っていると、上流側から釣り下ってくる餌釣り師発見。

これは釣れない訳だ。

 

仕方ないので、一度、川から上がって上流に移動します。

しかし、更に2人の餌釣り師・・・・

 

これは、河川を変えるしかないかなぁ。

 

それでも、下流側にも幾つか巡れるポイントがある。

初めに堰堤下のポイントに移動。

 

下のプールを丁寧に探るも、やはり何もなし。

次に、堰堤上のプールを攻めます。

 

殆ど止水域のポイント。

こういった場所の魚は、活性が低いので中々食わない。

 

大きなルアーの派手なアクションでは魚は出にくいですが、

シルエットの小さいシュールスライドエリアトリッキーな動きで、魚の喰いのスィッチ一瞬入れることが出来ます。

 

キャスト後、一回十分に沈めて早いリーリングで一気に引いてくるとドカンとHIT!

 

 

 

 

尺前後のブラウントラウトでした。

シュールスライドエリア アカキン1.4gでHITです。

 

こういった止水域は、ブラウンとレインボウなら比較的出やすいですね。

アマゴだと中々釣れません。

 

何とかボーズ免れ一安心。

ここで、前日までに用意したシュールスライドプロトにチェンジ。

渓流のダウンストリーム用に制作した、薄いボディーで幅もある3.5gモデルです。

 

水深の浅い広い瀬を探る為に造りました。

薄型幅広ボディーは、底を切って派手目に動きます。

 

ボサの下の暗い場所を、ロングキャストで撃ってゆっくり巻いてくると再びドカンとHIT!

 

 

 

 

再び、ブラウントラウトです。

先程より若干サイズアップ。

 

立て続けに、2本出たのでもう十分。

ほかの河川に移動するのも面倒になり、魚をリリースして終了です。

 

しかし、去年は殆ど人が居なかった我がホームも、今シーズンは人多め。

資源が少なくならねば良いですが・・・・。

 

 

 

 

シーズンはまだ始まったばかりです。

.

 

 

Surre Slide AREA 23 1.4g アカキン

シュールスライドエリア23_アカキン title=

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

全国天気予報

最新の記事

categories

archives

links

profile

書いた記事数:324
最後に更新した日:2019/09/16

search this site.

others

mobile

qrcode