2018/11/20~21 フィールドテスター 釣行レポート : 遠州灘サーフ / イナダ、ヒラメ / とのりん

アクアライズ フィールド テスター : とのりん

 

こんにちは、フィールドテスターとのりんです。

ようやく調子が上がり始めた静岡県サーフ。

 

今月20日と21日、連続出撃してきました。

先ずは20日。

 

先週と同じポイントに、午前5:30に到着。

ここ最近の時合いは、6:00過ぎ。

 

しばし潮流の速さ等、海の状態を確認しながらルアーを投げます。

満潮近いので水深は十分。

 

なので、最近のローテーションの先発に使っているシュールスライドサーフの33gをセレクト。

カラーはPCY。

 

活性の高い魚から順番に探るため、スタートは早巻き&派手目なジャーク。

それで反応がないと、徐々にアクションを控えめにして低活性の魚にアピールします。

 

ルアーを投げ始めて10分くらい経った頃、着水後2〜3回目のジャークでドカンとHIT!

これは間違いなく青物の引き。

 

ガンガン引き込みます。

無理をせずに、慎重にやりとりして無事キャッチです。

 

 

20181120_とのりん_イナダ_01

 

 

ワラササイズには少し及びませんでしたが、グッドサイズのイナダでした。

 

これは群れが回ったか?

写真を撮ってすぐにキャスト。

 

すると、予想通り着水後のジャークで直ぐにヒット!

 

 

20181120_とのりん_イナダ_01

 

 

二匹目のワラサです。

 

が!

続いたのはここまで。

 

群れはあっという間に過ぎ去ったようで、それっきり何も無しでした。

それでも、イナダをキャッチできたのは僕だけ。

 

シュールスライドサーフの効果の高さが伺える朝でした。

 

 

20181120_とのりん_イナダ_03

 

 

ワラササイズには少々足りない釣果でしたが、満足のいく朝でした。

 

 

続く21日。

この日も、青物が回ることを想定して攻めます。

 

具体的には、シュールスライドサーフ33gを遠投して着水後直ぐに早巻きジャークの繰り返し。

メタルジグの誘いと似ていますが、違うのはフォールさせてからのジャークをメタルジグより長めに行うこと。

 

巻いただけでは殆ど動かないメタルジグに対して、スプーンは巻くだけでかなり泳ぎます。

この泳ぎを魚によく見せるために、ジャークを行っているのです。

 

これを広範囲に渡って繰り返します。

しかし、この日は日が昇っても全く反応無し。

 

青物の回遊は無いのか?

これは他の魚に対しても、アピールさせなければいけません。

 

それまで着水後いきなり巻いていましたが、一度底を取ることにします。

そして着底後、底づきしない程度で遅めのジャーク。

 

ほかの魚にも喰ってもらえるように、優しい釣りに変えます。

そして、なんとか制限時間いっぱいでガツンとHIT!

 

 

20181121_とのりん_ヒラメ_01

 

 

小ぶりでしたが、ヒラメが釣れました。

35cm位かな?

 

 

20181121_とのりん_ヒラメ_02

 

 

シュールスライドサーフ33g上州屋限定カラー(グロー)でのHITです。

 

なんとか、首の皮一枚でボーズを逃れたのでこれで終了です。

しかし、青物は神出鬼没ですね。

 

この時期一番に獲りたいのですが、拘りすぎると他のターゲットが狙えなくなります。

その辺りの見極めがこのシーズン、攻略の鍵だと思います。

 

 

●使用タックル

ロッド:メジャークラフトKGエボリューションKGS-1002M

リール:シマノストラディック4000XGM

ライン:PE2号

リーダー:フロロ30lb

 

 

Surre Slide Surf 105 33g PCY

Surre Slide Surf 105 33g PCY

 

Surre Slide Surf 105 33g 上州屋オリジナルカラー(グロー)

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

全国天気予報

最新の記事

categories

archives

links

profile

書いた記事数:327
最後に更新した日:2019/10/30

search this site.

others

mobile

qrcode