2018/11/14~16 フィールドテスター 釣行レポート : 遠州灘サーフ / ヒラメ、イナダ / とのりん

アクアライズ フィールド テスター : とのりん

 

こんにちは、フィールドテスターとのりんです。

近辺のサーフが不調な為、14日〜16日の3日間、少し離れたポイントまで偵察に行ってきました。

 

初日は暗い内から浜に出ました。

久しぶりなので状況が解らない。

 

なので、手堅く大きなワンドに入りキャスト開始。

シュールスライドサーフ PCY 33gを使って、沖から広範囲に探りますが無反応。

 

仕方ないので、ワンドを離れ潮通しの良い岬方向へ。

ここなら、活性の高い魚が付いている可能性があります。

 

ただし水深が浅くなるので、シャローではボトムを擦るシュールスライドサーフ33gだと厳しい。

なので、シュールスライドサーフ28gAQMにチェンジ。

 

潮の流れにのせて、ボトムノックしない程度にスローでリーリング。

しっかりと魚にルアーを見せる釣り方でドカンとHIT!!

 

 

 

20181114_とのりん_イナダ01

 

 

一気に引き込むようなファイトは、青物特有。

シュールスライドサーフ AQM 28gでイナダ。

 

十分な飛距離と、キラキラした大きなシルエットシュールスライドサーフは、対青物では最強のルアーではないでしょうか?

 

メタルジグでこのシルエットの大きさになると、もはやキャスティングは困難な重量になると思われます。

このシルエットサイズが、シュールスライドサーフ釣果に繋がる大きなメリットの一つとなります。

 

この日の青物は、この一瞬で回遊終了。

ドンピシャなタイミングで釣れラッキーでした。

 

そして、翌15日。

同じポイントに入り、早朝から活性の高い魚から狙います。

 

始めは、ローライトで効果のあるパール系のシュールスライドサーフ 33g PCYで早めのジャークで攻め、次にシュールスライドサーフ28g PCYに替えスピードを落として丁寧に攻める。

 

これを交互に行います。

ちなみに、ロッドは基本寝かせ気味

 

サーフアングラーの大半はロッドを起こしての釣りですが、僕はルアーアクションからアワセ、ファイトからライディングまでほとんどロッドが起きることはありません。

 

ロッドを上げるときは、レンジが下がった場合と跳ね上げアクションをする時のみ。

この動作でレンジをキープさせます。

 

次に、リールの巻きスピードについてですが、皆様からよくご質問をいただきますのでご参考までに。

 

僕は、シャローな遠州灘でシュールスライドサーフ 33gを使うときは、レギュラーはXGギアで1秒間に2〜1.5回巻での早巻き。

これは、ボトムノックを防ぐためもありますが、活性の高いターゲットにアピールするために行っています。

 

シュールスライドサーフ  28gを使うときは、レギュラーで1秒間に1.5〜1回転のリトリーブ。

スローで巻いてターゲットにしっかりルアー見せたいので、場合によっては、ボトムノックしない程度に、それ以下のスピードになることもあります。

 

この緩急ある釣り方で魚を誘います。

 

しかし、本日は2回バイトがあったのみでフッキングさせることが出来ずに終了〜。

 

前の日に比べてベイトも入っていたのに残念。

まあこんな日もあります。(汗)

 

続く、16日も同じポイントへ。

 

まだ暗い海岸をポイントめがけて歩いていると、ナイスサイズなヒラメを釣っている人が!

俄然やる気が出ました。

 

昨日同様に、シュールスライドサーフの33gと、28gを交互に使い緩急ある釣りをします。

しかし、中々反応はありません。

 

周りのアングラーも、昨日以上に沢山いますがさっぱりな様子。

でもきっと魚はいるはず。

 

それでも反応は無く、半ば諦めかけた頃ドカンとHIT!

 

意外にも、シュールスライドサーフ33g PCYでの早巻きの時だったので焦りました。

 

重量のあるバタバタとした引きは、大型ヒラメ特有なもの。

無理をせずに慎重に寄せ、無事にGETです!!

 

20181116_とのりん_ヒラメ

 

 

久しぶりの50cmオーバのヒラメ。

シュールスライドサーフ PCY 33gでHIT!!

 

なんとか結果をだせて一安心。

 

やがて、帰る時間が気になり出した頃、沖で一瞬ナブラが立ちます。

青物が接近したか?

 

ルアーをナチュラル系、シュールスライドサーフ 33g IWS にチェンジしてロングキャスト!

 

着水後すぐに跳ね上げジャークでドカンとHIT!

前日同様、シュールスライドサーフは青物の反応が早いです。

 

 

20181116_とのりん_イナダ&ヒラメ

 

 

前日同様のイナダでした。

 

十分な釣果に満足して終了。

いよいよ遠州灘も調子が上がってきた感がありますが、周りの釣果をみるとそうでも無いようにも思えます。

 

数少ないチャンスを活かして、丁寧な釣りをしたいですね。

 

 

●使用タックル

ロッド:メジャークラフトKGエボリューションKGS-1002M

リール:シマノストラディック4000XGM

ライン:PE2号

リーダー:フロロ30lb




Surre Slide Surf 105 28g AQM
シュールスライドソルト105 28g AQM

 

Surre Slide Surf 105 33g PCY

シュールスライドソルト105 33g PCY

 

Surre Slide Surf 105 33g IWS

シュールスライドソルト105 33g IWS

 

 

 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

全国天気予報

最新の記事

categories

archives

links

profile

書いた記事数:324
最後に更新した日:2019/09/16

search this site.

others

mobile

qrcode