2018/9/14 フィールドテスター 釣行レポート : 静岡県 沼津サーフ / イナダ、シイラ、サバ / とのりん、コーシャ

アクアライズ フィールド テスター : とのりん

アクアライズ フィールド テスター : コーシャ

 

久しぶりのサーフアタック記事です。

 

真夏の最盛期を少し過ぎてしまいましたが、青物ショアジギングのメッカ「沼津サーフ」に遠征してきました。

 

ショアからの青物狙いの主流はメタルジグによるジギングですが、アクアライズのシュールスライドシリーズもそれに負けない実力を持っています。

 

メタルジグに負けない飛距離、更にフラッシング効果は薄いボディーと、ただ巻きでも十分泳ぐ特性はメタルジグを完全に凌駕しています。

 

フォールスピードはメタルジグには劣るものの、ヒラヒラと降下する姿はメタルジグより魚には効果的にアピールしているはずです。

 

そして、なんと言ってもメタルジグに慣れた魚にとっては、スライドスプーンの見慣れない動きはとても効果があります!

 

という訳で、今回はシュールスライドシリーズの青物に対しての効果を再検証するべくアタックしてきました。

 

用意したルアーは、シュールスライドシリーズのソルト23gと、サーフ28g、33g。

ルアーのフロントには、オリジナルアシストダブルフック、リアには開発中のシングルフックと、トリプルフックの2パターン仕様でアタックです。

 

当日の天候は雨が降ったり止んだり。

気温も下がって状況的には厳しい感じ。

 

よって浜は、平日ということもありますが思ったより空いています。

 

おかげでなんとかメンバー並んで釣り場を確保。

ポイント到着時間は午前4時半くらい。

まだ暗いので明るくなるまで待機します。

 

そして少し薄明るくなる頃、キャスト開始。

 

当日は風向きも良く、23gのシュールスライドソルトでも十分な飛距離。

流石に100mは飛びませんが、70〜80mはコンスタントに飛びます。

 

スライドスプーンは、メタルジグと比べ飛距離よりはやや劣りますが、十分に遠投できます。

さらに、本日のフィールドのコンディションなら、シュールスライドソルト23gよりも、シュールスライドサーフ33gの方がより遠投できます。

 

やがて波打ち際にボイル発生。

何かが小魚を追っています。

 

大体こういった時は反応しないので、僕はスルーしていましたが、隣のNさんがシュールスライドソルトでHIT!

 

周りが釣れていない中、最速のHITです。

 

シュールスライドサーフ23g CCDY

釣れたのは、サバ。

 

ベイトは小さめなサッパで、

ちょうどシュールスライドソルトと同じ大きさでした。

マッチザベイトですね。

 

その後はすっかり海も静かになり明るくなりましたが何の反応もありません。

周りも同じ状況です。

 

しばらく回遊があるまで我慢かな?

 

と思っていたら80m位東に離れたところでナブラ発生。

それに伴い、目視ですがナブラ近辺のルアーマンの方々が2匹釣りあげていました。

 

しかし、その後、フィールド全体で反応が無い状況が続きます。

今日は、激シブの様ですね。

 

それでもベイトらしきサッパは居るので、いずれチャンスは来るはずと考えて作戦を変更。

 

それまでは、シュールスライドサーフと、ソルトを交互にキャストしていましたが、ベイトサイズに合わせて、ソルトオンリーで釣りをすることにします。

 

カラーはナチュラル系のKISSを選択。

 

青物を狙ってのメタルジグの釣りは高速ジャークが基本ですが、スプーンは特性上高速ジャークで浮き上がるのでそれほど早く引けません。

むしろ、同じ動きで狙って誘ってもスプーンの特性を生かすことができないでしょう。

 

その為、スプーンが得意とするフォールでのアピールを混ぜたアクションを行います。

 

具体的には早めには引くのですが、浮いた分をフォールでアピールします。

 

シュールスライドが持つ、水中での動きのフラッシング効果を最大限に生かします!

 

それらを意識しながらキャストを続けていると、間もなくガツンとHIT!

 

中々の引きなので青物間違いなし。

慎重にやり取りして無事ライディングです。

 

 

40cmオーバーのイナダでした。

 

 

珍しくリアフックに掛かっていました。

 

通常青物を狙ってのショアジグでは、フックはフロントのアシストのみ。

 

これは青物がターゲットを頭から捕食するからです。

しかし今回はリアに付けたフックでのHITでした。

 

周りは激シブで、全く釣れいていない中でのHIT!

しかもナブラも発生していない状態でした。

 

更にキャストを続けていると、再びNさんがHIT!

 

沖でジャンプするのはシイラ。

中々良いサイズです。

 

僕が釣ったイナダよりも更に強力な引き。

寄せてから、若干、手こずりましたが何とか無事ライディングです。

 

 

70cmオーバーのシイラ。

シュールスライドサーフ33g PZGLでヒット。

 

僕はベイトサイズを意識して居ましたが、Nさんはアピール重視で、シュールスライドサーフ(105mm)を使って見事釣り上げました。

 

そう言えば去年、僕もシュールスライドサーフでシイラを釣っていました。

対シイラでは、シルエットのより大きいシュールスライドサーフの方が有利かもしれませんね。

 

今回の釣行では、フィールド全体で、釣り上げられた事を確認ができたシイラはこれ一匹。

フィールドの状況にもよりますが、シイラ狙いではメタルジグ以上の効果があるかもしれません。

 

それと、釣り上げた後にフックが外れこの写真では確認出来ませんが、このシイラもリアフックでのHIT!

僕の釣ったイナダもリアフックでHIT!

 

よって、青物狙ってのスプーンフィッシングは、リアフック必需ですね。

 

その後もキャストを続けましたが、結局今回の釣果は以上でした。

 

渋い釣果ではありましたが周りが全然釣れていない中でこの釣果は、今回に限って明らかにシュールスライドがメタルジグよりも効果があったと言えます。

 

更に検証を続けてより釣果への最速の道筋を探りたいと思います。

 

 

終始雨が降り寒い一日でした。

 

さて雨に濡れた冷え切った体を温めるため、富士市内にあるお気に入りのラーメン屋田ぶしさんに帰り道寄りました。

 

 

元祖田ぶしラーメン。

 

魚介ラーメンではダントツの旨さ!

特にメンマは絶品。

関東のお店ですが静岡県内は東部、中部に出店。

 

県西部にも出店しないかなぁ。

 


●使用タックル
ロッド:リップルフィッシャー アヴァリス103M
リール:ステラ4000MHG
ライン:PE 1.2号
リーダー:20lb

ロッド:SHIMANO NESSA CI4+ S1008MMH
リール:AR-C AERO CI4+ 4000XG
ライン:PE 1.2号
リーダー:20lb
 

 

 

Surre Slide SALT 75 23g KISS

Surre Slide SALT 75_23g_KISS

 

Surre Slide SALT 75 23g CCDY

Surre Slide SALT 75_23g_CCDY

 

Surre Slide Surf 105 33g PZGL(グロー)

Surre Slide Surf 105__33g_PZGL

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

全国天気予報

最新の記事

categories

archives

links

profile

書いた記事数:305
最後に更新した日:2018/12/01

search this site.

others

mobile

qrcode